人間が生活する上で出すお金は、大きく分類してしまうと『消費』『投資』『浪費』この3つに分かれるとよく言われていますよね?
節約紹介や貯金を貯める為のコツの書籍などでも必ずといって良い程に『浪費を防ぐ事が重要!』書いていますが……本当にこの通りだなと感じる部分があります。

浪費とはつまり、大雑把に言ってしまうと”無駄使い”の事を示しています。

「ついつい買っちゃった」でそれをしっかり使うといった場合には良い事かも知れませんが、「勢いだけで買ったはいいけど全く使わなかった」なんて経験は誰にだって1度はあるものではないでしょうか? まさにコレが浪費を示しますが、この浪費どうすれば防ぐ事が出来るのか? 最近私はよく考えています。

私がよくやってしまう自覚ある浪費は、スーパーで余計に食材を買い込んでしまい腐らせてしまう事が多々あります。何だか食費管理も出来ていないようで、とても恥ずかしい事に思えるものですが『主婦の方だったら1度は経験した事無いかなぁ……』なんて、少し感じてしまうものです。
けれど、コレがしっかりと防ぐ事が出来れば、無駄なお金を一切使わなくて済むという事になります。

その為に出来る事と言うと、やはり「献立をしっかり考えてから買い物に行く・買うものをしっかりとリスト化する」と「空腹時には絶対に買い物に行かない」この2点が最終結論となりました。特に2番目の空腹時には買い物に行かないという事ですが、これを実践したところ、激的に食材の無駄腐らせが減ったのです。
本当に僅かな工夫ではありますが、これだけでも浪費を防ぐ事が出来るのは地味にスゴイ事だな~なんて、感じてしまうものですね。

2016.01.更新3.8-1
また、日用品においては今すぐ必要な物・欲しい物この2つを分類して考えるようにしています。さも当たり前の事かも知れませんが、欲しい物というと、その場で今すぐに必要というワケでは無いので、審議にかけるようにしています。
もしもそれが大きな買い物となれば、自己完結ではなく主人と相談をするようにしています。それによってかなり「無駄な事しちゃったな」が防げるようになりました。

本当に僅かな工夫には違いありません。携帯のメモでも直筆のメモでも必要な物と欲しい物をリスト化するだけでも、かなり家計がスマートになりますよ!