健康が一番!shu-player

何はともあれ健康が一番大事!そう思っているshu-playerが書いていく日記です

Category Archives: 家計

人間が生活する上で出すお金は、大きく分類してしまうと『消費』『投資』『浪費』この3つに分かれるとよく言われていますよね?
節約紹介や貯金を貯める為のコツの書籍などでも必ずといって良い程に『浪費を防ぐ事が重要!』書いていますが……本当にこの通りだなと感じる部分があります。

浪費とはつまり、大雑把に言ってしまうと”無駄使い”の事を示しています。

「ついつい買っちゃった」でそれをしっかり使うといった場合には良い事かも知れませんが、「勢いだけで買ったはいいけど全く使わなかった」なんて経験は誰にだって1度はあるものではないでしょうか? まさにコレが浪費を示しますが、この浪費どうすれば防ぐ事が出来るのか? 最近私はよく考えています。

私がよくやってしまう自覚ある浪費は、スーパーで余計に食材を買い込んでしまい腐らせてしまう事が多々あります。何だか食費管理も出来ていないようで、とても恥ずかしい事に思えるものですが『主婦の方だったら1度は経験した事無いかなぁ……』なんて、少し感じてしまうものです。
けれど、コレがしっかりと防ぐ事が出来れば、無駄なお金を一切使わなくて済むという事になります。

その為に出来る事と言うと、やはり「献立をしっかり考えてから買い物に行く・買うものをしっかりとリスト化する」と「空腹時には絶対に買い物に行かない」この2点が最終結論となりました。特に2番目の空腹時には買い物に行かないという事ですが、これを実践したところ、激的に食材の無駄腐らせが減ったのです。
本当に僅かな工夫ではありますが、これだけでも浪費を防ぐ事が出来るのは地味にスゴイ事だな~なんて、感じてしまうものですね。

2016.01.更新3.8-1
また、日用品においては今すぐ必要な物・欲しい物この2つを分類して考えるようにしています。さも当たり前の事かも知れませんが、欲しい物というと、その場で今すぐに必要というワケでは無いので、審議にかけるようにしています。
もしもそれが大きな買い物となれば、自己完結ではなく主人と相談をするようにしています。それによってかなり「無駄な事しちゃったな」が防げるようになりました。

本当に僅かな工夫には違いありません。携帯のメモでも直筆のメモでも必要な物と欲しい物をリスト化するだけでも、かなり家計がスマートになりますよ!

お金が無くても身だしなみはちゃんとしたい! オシャレに魅せたい……と、考える事って女子にとっては当たり前であって普通の思考には違い無いものです。
実際に私が主婦になってから実感した事ですが、自由に使う事が出来るお金が減ってからというものの、オシャレ出来ないストレスが相当溜まりました。
確かに稼ぎも少ないのだからそれ相応の生活をする事って当たり前な事には違い無いものですが、それでもストレスって溜まるものには違い無いものですからね。
毎シーズン服を買う事やトレンドアイテムを買うなんて楽しみをしていたのに毎回毎回定番カラーや絶対ハズレの無い型のものばかりを着るようになって、3年程過ごしたのですが、さすがに鬱憤も溜まり……これを友人に相談したところ「何もリアルショップで購入せずネット見て見れば良いじゃん!」というアドバイスをもらったのです。

その結果、辿りついたものがネットのプチプラ通販です。
プチプラ通販と言えば、10代~20代のギャル向けの派手派手しい服ばかりなのでは? なんて、誰もが感じてしまうものには違い無いものですが、実際に最近のプチプラ通販は系統が本当に様々あるのです。20代後半のアラサー世代からOVER30やアラフォーだって着れるようなナチュラルテイストの服も沢山ありますし、本当にアイテムの展開も様々なので、安くて良い服が手に入るのでこれは本当に知ってよかった買い物方法だと私は感じます! それにこういった通販と言えば、トレンドアイテムだって安く購入が出来てしまう事が嬉しく感じます。

2015.12.8-1
このシーズンに注目のアイテムと言えば、コートが思い浮かぶものですよね? コートというと単価的にも1万を超え高いイメージがツキモノですが、プチプラ通販で購入といった場合は3000~5000円と非常にリーズナブルな値段で購入する事が出来るので、流行カラーのものや流行の型のものも試しやすいという嬉しさずくしなのです。

私は安い服というと素材も悪いと潜在的に考えていたのですが、実際購入してみてから正直ブランドショップとそこまで品質も変わらないので、「もっと早く知りたかったな」なんて感じてしまったくらいでした。
そう考えると、ただ単純にお金が無いからといって全てを諦めてしまうのは本当に勿体ない事だななんて、感じてしまうものですよね。
工夫次第では様々な案が浮かぶものです。やはり楽しまなくては損だと感じてしまいます。

私は割と身体の免疫の弱い方でよく風邪を引いたり熱を出す事があります。
正直この体質は自分でも『どうにかしたい』と考えて、健康的な生活を送ろうと試みたり様々試行錯誤を繰り返しているものですが……やはり子供の頃からの体質の所為か簡単に治るものではなく上手に付き合う他は無いのかな? なんて半分諦め気味です。

このように風邪を引いたり体調異変を起こす事って何が一番辛いのか? と言えば、自分自身の身体の倦怠感も半端では無い事も確かに辛いのですが……それと同じくらいに出費が嵩む事に辛いなと感じる事が多いです。
保険も利くので別に1回当たりの医療費と言えば、別に大した額でも無いものですが、それが5回6回……否やそれ以上と、年間の計算をしてしまえば「結構高い」という事が分かります。──つまり健康であれば、こんな出費を使わずに済むという事です。

2015.11.8-2

そんな「医療費」を軽減させる為にはどうすれば良いのか? という事を色々と考えました。
やはり、先程述べた通りに『健康になる』という事が最もな最終目標には違いありませんが、それ以外にも出来る事って実は意外にも簡単な事だったのです。
その方法とは超初歩的な事ですが、ジェネリック医薬品を使うという手法を取る事です。
ジェネリック医薬品とは、新薬の特許期間が終わった後、厚生労働省の許可を得て製造・販売される薬のことを指します。このジェネリック医薬品は、新薬に比べて開発費が大幅に削減出来るので、新薬と同じ有効成分で同じ効き目でありながら、低価格です。
つまり、要点だけを簡単に言ってしまえば……ジェネリック医薬品は、同じ効き目処方箋を安く買う事が出来るのです。
ただし小さな医院などでは直接的に病院処方という場合があるので、そういった場合はジェネリックを頼む事が出来ません。そういった場合は、処方箋を用意してもらい薬局に行って処方して貰うという方法を取った方が良いと言えます。

自分自身も実際にこの方法を取るようになってから少し医療費の負担が減りました。
長期治療の場合などの節約には絶対に使える手段なので是非覚えておいて損はありません。

月末になると、お金無い! と喘ぐ事が多い我が家ですが……何でこんなにもお金が無いのだろうとまじまじ考えると色々な要因が考えられます。
まず一番真っ先に思い浮かぶものと言えば、月々の支払いですね。
自動車保険代に、クレジットカードの分割払い。それからペットを飼っているのでその子の動物保健代……それにPCを主人も私も使用しているのでそのネット回線代と様々な出費が挙げられます。しかしこればかりは浪費ではなく、必要で使っているものなので仕方無い出費には違い無いと感じるものです。
また、その他に食費が足りないという事も多々あります。
その影響か、味噌汁・納豆・おひたし・白米の生活を3日連続なんて事もあります。
ある意味”超健康的食生活”かも知れませんが、それでも3日続けば飽きるものですね……しかしお金が無いのでそんな事は言ってられません。
これに関しては前半にちょっといいものを食べ過ぎたり、外食があった事によって起きるものですが、正直これは調整する事によって回避は出来そうなものです。
だからこそ、自炊を徹底して安い日に狙って買う! という手法を取るように、ここ最近は気をつけています。
正直お金を借りようかな? なんて考えて、主婦向けカードローンSmartについて調べたり金融のまとめサイトを巡ったりなんて事もしてましたが、やはり借りたお金は返済を必ずしなくてはいけないものなので、利子などの点を考えると出来るだけ節制した方が賢明なのでは? なんて結論に至ったのです。決してキャッシングやカードローンが悪だとが思いませんが、それでもどうにか出来る場合だってありますからね。

2015.10.8-2
また、私の家庭では私があまりにも病弱な為に、外で働いていないので普通の家庭よりも収入が少ないという部分もあるでしょう。全く無収入というワケではないですが、それでもかなり少なめです。

主人も稼ぎはそこまで多くない方ですが……だからといって、「もっと稼げよ!」「転職でもしろよ!」なんて言える立場ではありませんからね。
食べさせて貰ってるには違いありません。それに本人も頑張って毎日仕事に行ってるのでそんな事は言えません。
これが原因でこじれて、喧嘩になってしまえばモトもこうもないので知恵を振り絞る他無いのです。やはり家庭は円満にやっていきたいものには違い無いものです。
嬉しい時も辛い時も……と誓った夫婦なのですから、ここらへんは笑顔と努力と気力でいくらでもカバー出来るのでは? と、私個人の主観では常に感じている事です。
確かにお金ヤバイ時はきついものですが、乗り越えられない事は絶対無いだろうと前向きな姿勢でいなくては、やっていけませんからね。