健康が一番!shu-player

何はともあれ健康が一番大事!そう思っているshu-playerが書いていく日記です

女性ならば、思春期過ぎれば誰でも持っている生理。
本当に億劫ですよね……私も生理はかなり重たい方で開始から2日間くらいは真っ青な顔で過ごし居る事が多く、立っている事も困難な程で寝込んでしまう事だってあるくらいにかなり重たい”まさにブルーデイ”です。
しかしこの生理、重たかろうが軽かろうが……女性にとっては必要不可なものには違い有りません。それに、キレイを作る為にはコレを味方につける事が最も良いとさえ言われて居るそうですよ♪
まず、自分の生理周期をしっかりと把握しておく事も大事でしょう。
だいたい28日~31日周期程で毎月訪れるものですが、この周期によって肌の状態も変わってくるものです。

2015.07.8-2

よく生理前にニキビが出来るといいますよね? 実は私も、もう30代間近にもなるに関わらず生理前となれば普段出来もしないニキビや吹き出物で顔面が荒れます。
この時本当に気分はどん底まで突き落とされたような気分になるものですが、意外にもこのニキビは生理が始まってしまえば、あっさりと治ってしまいます。
この生理前の時期は新しい化粧品などが試したいものがあっても絶対に試さないようにしています。正直この時期どんなに頑張ったとしても、無意味に等しい程なのです。
しかし生理が終わった後というと肌状態もぐんぐんと良くなる傾向がるのでこの時期を狙って新しい化粧品を試してみたり、スペシャルケアを行ったりするようにしています。
すると、普段使っている化粧品や+αのケアも効果を充分に発揮してくれるのです。
またダイエットをスタートするのであればこの時期が最もベストと言われているそうですね。だいたいこの芳しい時期は2週間程続きます、その後はどんどん減退して生理に向かうのです。今まさに生理中でブルーな気持ちですが、これが終われば美肌チャンスがやって来る! と思うと少しだけ気持ちが楽になります。
夏の生理はムレるし気分も更に重たいものですが、折角晴れやかで明るい季節だからこそ楽しい事や嬉しい事を考えて乗り切っていきましょう!

肌というと主成分はタンパク質。
食べたものや普段の生活が反映されやすいものだとはよく言われているものですが、心の方とも比例するのではないのか? と、私は個人的に思います。
以前あった事ですが、かなり辛い思いをして浮き沈みの激しい時期が私にもありました。別に鬱病やパニック障害などの心の病気という程に深刻なものでも決してなく、胸焼けをするようにモヤモヤとした気持ちが延々と続くような状態が二週間ほど続いた事がありました。当然何をしたって楽しくなんかありませんし、常に気怠く身体が重たい感覚がしました。そんな時、普段全く出来る事も無いニキビが一気に顔全体に出たのです。
20代後半ほどの大人ニキビの出る場所と言えば、基本的に目から下。主に顎のラインや口周りが多いものですよね? しかしその時に限っては額にも出ていました。
そしてニキビが酷くなった事によって更に気持ちが沈んでしまったのです。
けれど、やはりさすがにこのままではいけない! と気持ちを意地でも前向きにたたき直しました。その結果、ニキビがあっという間に引っ込んだのです。
信じられないような話かも知れませんが、事実です。
こういったところもあって、心と皮膚はある意味反映されているのではないのか? と考える事も出来ますね。

2015.07.8-1

やはりキレイになる為に出来る事といえば、正しい生活習慣を心がける事が最も大切な事なのでは? と思えるものですが、同時に健やかな心の状態を維持する事もとても重要な鍵になるのでは? と、考える事が出来ますね。
しかし人間は感情のある生き物です。
傷つく事だってありますし、何かに憤怒を覚えてイライラとしてしまう事だってあります。だからこそ、上手い事一つずつ解消していく事がとても大切なのでは? と感じます。
私自身も結構限界までストレスを溜め込んでしまうような性質なので、なるべく誰かに愚痴を聞いて貰ったり、ゆっくりした自分の時間を持つなどして少しずつ解消するように努めています。自分の抱えるストレスでキレイから遠のいてしまうのは何だか嫌ですからね!

二十歳頃に付き合っていた彼は本当嫌な人でした。

レストランに行ってデザートを注文すれば『その一口でそうやってブクブク太ってく』だとか会う都度に『顔丸くなった』だとか。

そんな事をよく言う嫌ぁ~な男でした。もう本当に本当に悔しくてダイエットを決意したのですが、正直私はその時155cmの42kgという割と至って普通の体型より細身な体型でした。それなのに刷り込みって怖いものですね……自分が太ってる醜いと錯覚してしまい異常なまでの食事制限やダイエットに執着してしまったのです。

その結果、体重は34kgまで減りました。
「痩せたでしょ? どうよ!」と、私は自信満々でしたが、その彼氏に『肋が出過ぎてて気持ち悪いだとか』『棒きれみたい』『ニキビひどくなってる』だとか今度は別の悪口を言い始めたのです。

果たして何で付き合ってたんだろう……と今となっては思えてしまうのですが、何度か栄養失調で倒れやっぱり無理はよくないななんて思えました。
確かに彼氏の言ったとおり無理に痩せたせいもあってか肌荒れがかなり酷い状態になってしまいました。そう考えると偏った食事制限では美容の分野にも悪影響をきたしてしまうものだななんて痛感してしまいました。

その後結局バッサリと切り捨てその彼氏とは別れたのですが……そんなつまらない嫌な男に振り増されていたのが何だか惨めに思えてしまった事がありました。
骨と皮だけになった己の身体を見て点滴を打たれているのを見て惨めだな馬鹿だったなあんて入院しながら泣いたりもした事があります。

けれど付き合っている時というと盲目で気がつかないものなんですよね。恋は盲目。
本当によく聞く言葉ですが、これって本当なんだななんて思えてしまいました。

そんな人に絶対振り回されて、無理までしてダイエットなんてするものではないと私は思えてしまいました。
刷り込みだ理想だあるかも知れませんが、自分が健康的に生活出来る体重を維持しておいたほうが良いと思えますね。